Hex Mask UI Icons Arrow Down Arrow Left Arrow Right Arrow Up Brackets Calendar Checkmark Chevron Down Chevron Left Chevron Right Chevron Up Clock Close Connect Copy crown download Ellipsis External URL Favorite (off) Favorite (on) Fullscreen Help Home Info Live Minus Mobile Menu Mobile Overflow Paginate Dot (filled) Paginate Dot (empty) Pin Placeholder Icon Play Video Circle Play Video Plus Search Team No-Team-Logo_Fallback_003 Ticket Trophy User Input Video Video Play Icon World X Game Mode Icons Hero Icons Map Icons Platform Icons Exclusive on Battle.net Social Icons Mobile Discord Facebook Instagram Reddit Twitch Twitter VK Youtube Weibo WeChat Workshop Icons WorkshopControl WorkshopShare WorkshopInfinite

発明の起源は想像にあります:「オーバーウォッチ 2」ベータの統計分析

発明の起源は想像にあります:「オーバーウォッチ 2」ベータの統計分析

ヒーローの皆さん、お帰りなさい!

「オーバーウォッチ 2」第2回ベータが無事に終了し、再びデータ分析の時間がやってきました!前回のベータ統計ブログでは、「オーバーウォッチ」のデータと統計について、「加重使用率」、「非対称の勝率」などの指標を用いながら詳しくお伝えしました。ヒーローバランスの調整を行う上で、今挙げたデータと、豊富なフィードバック、ユーザーの研究、社内ディスカッションは欠かせない要素です。今回のブログでは、もう一度同じ道筋をたどり、第2回ベータ期間中の判断をくだす上で、どのようにデータを活用していたのかに迫ります。

第2回ベータの目玉はもちろん、ジャンカー・クイーンでした。デザインチームとしては、シネマティックで見せた力強さを損なわないようにしつつ、ゲームバランスを保てるようにしたいと考えました。ただし、ジャンカー・クイーンだけが焦点だったわけではありません。今回のベータでは一度に多方面で変更が行われ、その中にはダメージヒーローのパッシブの大幅調整も含まれました。また、今回はコンソールも対象となったため、全プラットフォームを通じて、各ヒーローのバランスが取れているか確認する必要がありました。


目次


コンソール対応

詳細な分析を始める前に、PCとコンソールとのバランスの違いに触れましょう。「オーバーウォッチ」は他のクロスプラットフォーム対応タイトルと似た状況に置かれています。すなわち、本作を楽しむプレイヤーたちが、異なるプラットフォーム・異なる入力システムを利用する層に分かれているのです。その結果、コントローラーを使用する層と、マウスとキーボードを使用する層で異なる戦略が生まれます。コンソールとPCで特定のヒーローの勝率に差はありましたが、両プラットフォームのベータを通して、全体的なヒーローのバランスには非常に満足しています。ヒーロー間の勝率のばらつきは、PCよりもコンソールのほうが小さい傾向が見られたほどです!これからお見せする統計はいずれもPCとコンソールのデータを総合したものですが、その前に、データ好きの皆さんのためにPCとコンソールそれぞれの「非対称の勝率」をお見せします。

ヒーロー PC コンソール 差異
D.Va 43.80% 46.80% 3.00%
ザリア 49.80% 52.80% 3.00%
オリーサ 40.80% 43.40% 2.60%
ルシオ 52.50% 54.70% 2.20%
ロードホッグ 44.30% 46.20% 2.00%
バティスト 43.50% 45.20% 1.70%
バスティオン 46.30% 48.00% 1.60%
シグマ 50.30% 51.90% 1.60%
シンメトラ 55.40% 57.00% 1.60%
ソルジャー76 46.00% 47.50% 1.50%
トールビョーン 55.20% 56.50% 1.20%
モイラ 49.20% 50.40% 1.20%
ソジョーン 48.60% 49.70% 1.10%
キャスディ 47.40% 48.30% 0.90%
ソンブラ 45.20% 46.10% 0.90%
ブリギッテ 54.90% 55.50% 0.60%
アッシュ 49.20% 49.60% 0.40%
レッキング・ボール 48.10% 48.40% 0.30%
トレーサー 49.00% 49.30% 0.20%
リーパー 48.00% 48.00% 0.00%
メイ 54.80% 54.80% 0.00%
ウィンストン 49.50% 49.50% 0.00%
ウィドウメイカー 51.60% 51.30% -0.30%
ジャンカー・クイーン 56.10% 55.70% -0.40%
ジャンクラット 53.30% 53.00% -0.30%
ゼニヤッタ 54.50% 54.20% -0.30%
マーシー 48.80% 48.30% -0.40%
ドゥームフィスト 46.80% 46.30% -0.50%
ラインハルト 52.90% 52.20% -0.70%
ハンゾー 49.20% 48.10% -1.10%
エコー 48.90% 47.70% -1.20%
ファラ 56.00% 54.20% -1.80%
ゲンジ 54.50% 52.40% -2.10%
アナ 47.50% 44.50% -3.00%

PCおよびコンソールにおける非対称の勝率 - 「オーバーウォッチ 2」ベータ第1週


人気とパワー・レベルの測定

まずは一番の注目の的、青いモヒカンがトレードマークのジャンカー・クイーンについて見ていきましょう。開発チームはクイーンが大好きです。ジャンクラットに次いで、2番目の大ファンと言っても過言ではありません。ベータが開始してジャンカー・クイーンをプレイできることに、プレイヤーたちと同じくらい開発チームも喜んでいました。ジャンカー・クイーンの使用率と勝率はいずれも素晴らしいものでした。まさに主役にふさわしい活躍です。

ヒーローの加重使用率 - 「オーバーウォッチ2」ベータ第1週

この表は、各ロールにおける平衡使用率に対する相対的な各ヒーローの使用率を示しています。加重使用率については前回の統計ブログで詳しく触れましたが、簡単に説明すれば、ロールに属する全ヒーロー数に対して、あるヒーローが選ばれる比率です。「オーバーウォッチ」を席巻したジャンカー・クイーンの加重使用率はなんと7.5。つまり全タンクの平均よりも7倍以上も多く使用されていたのです。

この指標はヒーローの人気を計るには最適ですが、これだけではヒーローが強力すぎるかどうか知ることはできません。この指標ではソジョーンもジャンカー・クイーンと並んで高い人気を誇り、ベータのほぼ全期間を通して加重使用率は5以上を維持していました。新たに追加されたヒーローに人気が集まるのは当然予想されたことです。特にコンソールの参加者は、初めて触れるヒーローが2人いるため、その傾向が強くなると考えていました。この2人のヒーローのバランス調整を考える上では、相対的な人気を見るだけでは足りません。そこで、この2人の非対称の勝率を分析し、パワー・レベルを評価しました。

0コメント