Hex Mask UI Icons Arrow Down Arrow Left Arrow Right Arrow Up Brackets Calendar Checkmark Chevron Down Chevron Left Chevron Right Chevron Up Clock Close Connect Copy crown Ellipsis External URL Favorite (off) Favorite (on) Help Home Info Live Mobile Menu Mobile Overflow Paginate Dot (filled) Paginate Dot (empty) Pin Placeholder Icon Play Video Circle Play Video Plus Search Team No-Team-Logo_Fallback_003 Ticket Trophy User Input Video Video Play Icon World X Game Mode Icons Hero Icons Map Icons Platform Icons Social Icons Mobile Discord Facebook Instagram Reddit Twitch Twitter Youtube Weibo WeChat Workshop Icons WorkshopControl WorkshopShare WorkshopInfinite

エコーのエコー:32番目のヒーローの歴史

エコーのエコー:32番目のヒーローの歴史

彼女のことを見るのはこれが初めてではないはずです。最初期のオーバーウォッチのコンセプトアートの中で、後ろのほうに浮かんでいる細身の単眼のオムニックこそがエコーです。彼女を開発したミナ・リャオ博士のささやきも耳にしているでしょう。オーバーウォッチの設立者の一人である博士の知識は、ジャック・モリソン、ガブリエル・レイエス、そしてアナ・アマリが迫りくるオムニック・クライシスの脅威に対抗する上で、欠かせないものでした。満を持して、32番目のヒーロー「エコー」がオーバーウォッチの仲間に加わります。

「エコーはプレイヤーの間で長く知られているキャラクターなので、私たちにとっても本当に特別なヒーローです」オーバーウォッチのゲームディレクター、ジェフ・カプランはそう語ります。大切に育ててきた我が子を初めて大学に送り出すかのようなその口ぶりからは、この最新のヒーローを彼がいかに深く愛しているかが伝わってきます。「エコーはオーバーウォッチの初期アートから登場しているキャラクターです。『REUNION』のムービーにも登場していて、そこではマクリーがデッドロック・ギャングから彼女を救い出します」

エコーは長年にわたって登場していたキャラクターですが、ミナ・リャオ博士はオーバーウォッチのファンにとって比較的新しい存在です。カプランは続けてこう語っています。「オーバーウォッチには数人の設立メンバーがいました。皆さんご存じのジャック・モリソンやガブリエル・レイエスなどがそうですね。そしてオーバーウォッチを結成する中で、彼らはミナ・リャオ博士を仲間に招きました。博士は人工知能とロボット工学における第一人者で、かつてはオムニックを作り出したオムニカ社で働いていた人物です。オムニック・クライシスが迫る中、モリソンはオーバーウォッチに知識と技術をもたらしてくれる、ロボット工学の専門家に協力を求めたのです」”

リャオ博士は、新たな仲間たちにオムニックの存在とその仕組み、そしてクライシスを終わらせるために何が必要なのかを教えるため、オーバーウォッチの一員となりました。そしてオムニックと人類が平和を取り戻した後は、ロボット工学のさらなる謎に向けて精力的に研究を続けました。この技術の先には何があるのか?オムニックをさらに進化させるにはどうすればいいのか?そうした疑問への答えが「エコー」に託されたのです。エコーは博士が最も情熱を注いだ渾身のプロジェクトであり、それは彼女の最後の遺産にもなりました。

「博士はジャック・モリソンとガブリエル・レイエスのもとを訪れて、こう言ったのです。『私なら適応学習可能なロボットを作れる。そのロボットなら、オーバーウォッチのストライク・チームを送り出すのにパイロットが必要ならパイロットになるし、医療スタッフが必要なら医療技術を学習する。任務で求められるどんなささいな役割にも、自ら適応することができる。オーバーウォッチにとって、必要不可欠な存在になるはずよ』と」

モリソンは、初めはそのアイデアに難色を示していましたが、リャオ博士から決して制御できないものにはならないという約束を受けて、プロジェクトを承認しました。カプランは以下のように続けます。「けれどミナはこっそりとロボットに、観察を通して独自に学習可能な、自己学習機能を与えたのです。そしてエコー・プロジェクトを進める中で、次第にそのロボットは博士の声を学習し、自らのものとします。つまりエコーの声は、まさしくミナ・リャオ博士の声なのです。エコーは進化するにつれ、周りにいるヒーローたちのことも観察し、彼らの行動やスタイルを学習していきました」

リャオ博士が創り上げた適応型汎用人工知能は、場の状況に合わせて即座に振る舞いを変え、文字通り自らを再構成し、さらにその周囲から学習していきました。やがてエコーは高度な自意識を育む中で、任務における究極の支援役として、そして一方では潜在的な危険として、この世界における自身の役割や居場所に疑問を抱き始めます。

エコーの真の能力を知る者は僅かでした。その数少ない人物の一人がジェシー・マクリーでした。彼はリャオ博士とその研究を守るために派遣されたブラックウォッチのエージェントで、やがては博士とも友情を築き、エコーの研究にも日ごろからよく付き合うようになりました。研究所への襲撃により博士が殺害されると、オーバーウォッチは立案者を失った状態でプロジェクトを続けるのは危険と判断し、一切の研究を打ち切りエコーを隔離する決定を下します。時が経ち、厳重に守られた政府施設へとエコーが搬送される最中、彼女を載せた列車は悪名高きデッドロック・ギャングにハイジャックされます。しかし、旧友のマクリーによる勇敢な救出劇を経て、エコーはパリへと移動し、ヌルセクターの侵攻を防ぐ戦いの中で新たに再編されたオーバーウォッチに力を貸します。その様子は「ZERO HOUR」でご覧になれます。こうして今、エコーは新生オーバーウォッチの正式なメンバーとして活躍し始めたのです。

「ミナ・リャオはエコーの中で生き続けています。エコーはリャオからたくさんのものを受け継ぎ、それと同時に周囲のエージェントたちからも学習しているのです」とカプランは言います。

研究所から解き放たれ自由を手にした今、エコーは初めて見る世界から学び、それに適応し続け、リャオ博士の生きた遺産としてオーバーウォッチの任務に尽力しています。さらに自意識を進化させ、自身と仲間の未来に想いを馳せる中で、彼女は問いかけるでしょう――果たして自分は、リャオ博士のエコー(生き写し)のままで居続けるのか、あるいは進化の果てに、本当の自分自身を確立するのだろうか?


エコーのアビリティや背景の詳細は、こちらのページをご覧ください。

エコーは現在PTRでプレイ可能です!彼女と共に未来に向けて飛び立ちましょう!