Hex Mask UI Icons Arrow Down Arrow Left Arrow Right Arrow Up Brackets Calendar Checkmark Chevron Down Chevron Left Chevron Right Chevron Up Clock Close Connect Copy crown Ellipsis External URL Favorite (off) Favorite (on) Help Home Info Live Mobile Menu Mobile Overflow Paginate Dot (filled) Paginate Dot (empty) Pin Placeholder Icon Play Video Circle Play Video Plus Search Team No-Team-Logo_Fallback_003 Ticket Trophy User Input Video Video Play Icon World X Game Mode Icons Hero Icons Map Icons Platform Icons Social Icons Mobile Discord Facebook Instagram Reddit Twitch Twitter Youtube Weibo WeChat Workshop Icons WorkshopControl WorkshopShare WorkshopInfinite

「オーバーウォッチ」にリプレイ機能が実装:新たな視点で過去のマッチを振り返ろう

「オーバーウォッチ」にリプレイ機能が実装:新たな視点で過去のマッチを振り返ろう

PTRに新しく実装されたリプレイ機能により、全く新しい視点で過去の「オーバーウォッチ」のゲームを楽しめます。リプレイ機能を使用すれば、過去のマッチをあらゆる視点で見ることができます。一人称、三人称、または俯瞰視点など、このツールを用いることで様々な視点で見返せます。

ゲームスピードを調整して、決定的な瞬間がどのようにして生まれたのかを分析して、戦略に磨きをかけましょう。さらに、上から見下ろして各プレイヤーの動きを把握したり、UIを完全に非表示にしたりすることもできます。現在、リプレイ機能はPC版のPTRでのみお楽しみいただけますが、家庭用ゲーム機版についても今後実装する予定です。

リプレイへのアクセス

リプレイタブ内のプレイヤープロフィールから、利用可能なリプレイを視聴できます。全ゲーム・モードで、直近の10試合を見返すことができます(チュートリアルと練習場は除く)。ハイライトと同じく、リプレイについてもパッチの期間と連動し、新しいパッチが配信されるとリセットされます。

キーボードのショートカット

リプレイを使い始めるにあたって、どういった操作が行えるのか参考となるように、デフォルトの状態で使える便利なキーボードのショートカットを紹介します。

  • N: 操作設定の表示/非表示
  • W, A, S, and D: カメラの平面移動
  • Q and E: カメラの上下移動
  • スクロールホイール上: プレイバック速度の上昇
  • スクロールホイール下: プレイバック速度の減少
  • (Ctrl+P): 再生/ポーズの切り替え
  • スペースキー: 一人称視点と三人称視点の切り替え
  • マウスボタン左右: 一人称視点/三人称視点からフリーカメラに切り替え
  • F1–F12: プレイヤーの観戦(メディア・コントロールのプレイヤーリストに対応)
  • 0: 目標に移動
  • (Ctrl+L): マップオーバーレイの表示
  • (Ctrl+1) – (Ctrl+9): ブックマークの保存
  • 1–9: カメラのブックマークを元に戻す

ショートカットの一覧は、Escキーを押してオプション > 操作設定 > 観戦で確認できます。キーボードのショートカットはすべてカスタマイズ可能です。

プロ目線で観戦しよう

リプレイ機能をうまく活用するヒントを紹介します。

  • 特定のプレイヤーのヒーローの使い方を学びたい場合は、そのプレイヤーだけでなく、その攻撃対象になっている敵も確認するようにしましょう。そうすることで、プレイスタイルの違いをより理解しやすくなるはずです。
  • マッチを見る際に、マップオーバーレイ(Ctrl+I)を活用すれば、チーム戦の展開の仕方を学ぶ上で役に立ちます。各ヒーローのアイコンでステータスが分かるため、各プレイヤーに何が起きているのか、ひと目で分かります。
  • マップオーバーレイを使用する場合は、全体が見渡せるように、空高くにカメラを配置して、地面を見下ろす形で観戦しましょう。こうすることでマップ全体の動きを捉えられます。
  • 特定の地点に固定カメラを設置すれば、多角的に試合を観察してチームの動きをより分析しやすくなります。新しいマッチごとに、忘れずにそれぞれのポイントをブックマークしましょう。
  • 動画のハイライト映像を作成する際は、スローモーションを多用しすぎないように。最大限ドラマチックに見せるためにも、プレイやチーム戦のここぞという場面でのみスローモーションを活用しましょう。

コメントのロード中…

コメントのロード中にエラーが発生しました。