Hex Mask UI Icons Arrow Down Arrow Left Arrow Right Arrow Up Brackets Calendar Checkmark Chevron Down Chevron Left Chevron Right Chevron Up Clock Close Connect Copy crown Ellipsis External URL Favorite (off) Favorite (on) Help Home Info Live Mobile Menu Mobile Overflow Paginate Dot (filled) Paginate Dot (empty) Pin Placeholder Icon Play Video Circle Play Video Plus Search Team No-Team-Logo_Fallback_003 Ticket Trophy User Input Video Video Play Icon World X Game Mode Icons Hero Icons Map Icons Platform Icons Social Icons Mobile Discord Facebook Instagram Reddit Twitch Twitter Youtube Weibo WeChat Workshop Icons WorkshopControl WorkshopShare WorkshopInfinite

件名:クエルバ・ストライク・チームの件 - ログ回収

 

翻訳はこちらです:

宛先:F.マクマナウェイ

送信者:T.グエン

日付:____年2月21日

 

件名:クエルバ・ストライク・チームの件 - ログ回収

 

司令官殿

行方不明となっていたクエルバ大尉のストライク・チームについて新たな情報が判明しました。私が派遣したエージェントが、クエルバの個人ログの回収に成功したのです。最後の記録は、8月27日04:30にポールドペにあるティ・オテル・ランビで録音されたものです。書き起こしを添付します。

上級分析官

チュン・レ・グエン

 

8月27日04:30

ティ・オテル・ランビ、ポールドペ、ハイチ

8月26日20:00上陸。運河に横たわるトルトゥーガ島のゴツゴツとした暗いシルエットが、空を背景にして浮き上がっている。チームはホテルに泊まり、翌朝島に渡る予定。任務はジャン=バティスト・オーギュスタンの奪還。それができなければ、排除するしかない。説得できればいいが。誰もタロンを去ることはできない。あいつは、今こそ組織に必要な人材だ。おそらく、去るという選択を後悔させるような圧力を掛ければ済むはずだ。

02:00、パカノウスキーが物資を調達するためホテルを出たが、戻ってこなかった。マッゼイとダブルデイを捜索に向かわせた。1時間後、部屋のドアを叩く音がした。ホテルの従業員が私宛の箱を届けに来たのだ。開けてみると、中には折りたたまれた手紙の他、パカノウスキー、マッゼイ、ダブルデイの記章が入っていた。どれもジャケットから引きちぎられたようだった。

俺を探しに来い、クエルバ。

バティストの実力はよくわかっている。私自ら訓練した、隊でも屈指の優秀な男だ。あれほどの狙撃の腕を持つメディックはいないし、あらゆる状況への適応能力は類を見ない。我々は全員激しい戦いを生き抜いてきたが、バティストは特に生存本能が強い。悪魔の運を持っている男だ。

残ったチームメンバーに出撃準備をさせている。バティストは夜明けまでに消えるかもしれないからだ。パカノウスキー、マッゼイ、ダブルデイの生死はわからない。3人共バティストが逃亡する以前は同じ部隊に属していた。あいつらの性格を考えると、楽観視はできない。

万事うまく行けば、今夜にはすべてが片付き、帰還できるだろう。できればバティストとラム酒を飲み、トランプに興じながら一緒に帰れればいいんだが。島に死体を置いていくようなことは避けたい。

いずれにせよ、失敗などするものか。必ずやり遂げる。

D.クエルバ

 

コメントのロード中…

コメントのロード中にエラーが発生しました。