Hex Mask UI Icons Arrow Down Arrow Left Arrow Right Arrow Up Brackets Calendar Checkmark Chevron Down Chevron Left Chevron Right Chevron Up Clock Close Connect crown External URL Favorite (off) Favorite (on) Help Home Info Live Mobile Menu Mobile Paginate Dot (filled) Paginate Dot (empty) Pin Placeholder Icon Play Video Plus Search Team No-Team-Logo_Fallback_003 Ticket Trophy User Input Video Video Play Icon World X Hero Icons Map Icons

オーバーウォッチ ワールドカップ:トップ8 プレビュー

オーバーウォッチ ワールドカップ:トップ8 プレビュー

仁川からロサンゼルス、バンコク、パリを経て、オーバーウォッチ ワールドカップが興奮に満ちたフィナーレを迎えようとしています。4つのグループステージから集まって来たトップ8チームが来週末、BlizzConにて金メダルをかけて競い合います。

韓国は2年連続でタイトル防衛を果たせるでしょうか? 中国、フランス、アメリカといった、他の高シードと熾烈な戦いを繰り広げることになります。また、低シードの4チームも無視できません。オーストラリア、フィンランド、カナダ、イギリスが、番狂わせを起こそうと狙っています。

BlizzConを絶対にお見逃しなく!マッチ開始時間、最新のチームロースター、組み合わせ表を以下にまとめました。

イベント情報

  • 日時: マッチスケジュール:
    • 11月3日 土曜日
      • 04:15 - 06:15(日本時間)—準々決勝1:アメリカ vs. イギリス
      • 06:15 - 08:15(日本時間)—準々決勝2:フランス vs. カナダ
      • 08:15 - 10:15(日本時間)—準々決勝3:中国 vs. フィンランド
      • 10:15 - 12:15(日本時間)—準々決勝4:韓国 vs. オーストラリア
    • 11月4日 日曜日(日本時間)
      • 01:30 - 03:30(日本時間)—準決勝1
      • 03:30 - 05:30(日本時間)—準決勝2
      • 05:30 - 07:30(日本時間)3位決定戦
      • 07:30 - 09:30(日本時間)最終決勝戦
  • 場所: アナハイム コンベンションセンター(カリフォルニア州アナハイム)
  • ライブストリーム:
  • 放送: 各地域での放送時間については、ESPN 3とDisney XDの番組表をご確認ください。
  • パッチ: 1.29
  • マッチ形式: 準々決勝戦、準決勝戦、3位決定戦は5回勝負で行われます。最終決勝戦は7回勝負で行われます。
  • マッププール: 全マップが対象です!各マッチは、事前に決められたコントロールマップ(NEPAL、LIJIANG TOWER、ILIOS、BUSAN)で始まります。第2マップ以降は、前のマップの敗者チームが以下のマップタイプから次に対戦するマップを選択できます。
    • 第2マップ:ハイブリッド
    • 第3マップ:アサルト
    • 第4マップ:エスコート
    • 第5マップ(タイブレーカー):コントロール、第1マップとは異なるマップ

国別のチームメンバー

アメリカ

  • Indy “Space” Halpern(Los Angeles Valiant)
  • Shane “Rawkus” Flaherty(Houston Outlaws)
  • Jay “Sinatraa” Won(San Francisco Shock)
  • Austin “Muma” Wilmot(Houston Outlaws)
  • Zachary “Zachareee” Lombardo(コンテンダーズ ノースアメリカ:Fusion University)
  • Grant “Moth” Espe(San Francisco Shock)
  • Joao Pedro “Hydration” Goes Telles(Los Angeles Gladiators)

イギリス

  • Cameron “Fusions” Bosworth(コンテンダーズ ヨーロッパ:British Hurricane)
  • Eoghan “Smex” O’Neill(コンテンダーズ ノースアメリカ:NRG Esports)
  • Isaac “Boombox” Charles(Philadelphia Fusion)
  • Harrison “Kruise” Pond(コンテンダーズ ノースアメリカ:Toronto Esports)
  • Michael “MikeyA” Adams(コンテンダーズ ヨーロッパ:British Hurricane)
  • Finley “Kyb” Adisi(コンテンダーズ ヨーロッパ:British Hurricane)
  • Kai “KSP” Collins

BlizzConでは準々決勝の第一試合から激しい戦いとなりそうです。チームUSAは非常にアグレッシブかつ柔軟なプレイスタイルで敵チームに息を継ぐ間も与えず、ロサンゼルス グループステージを圧勝。その勢いを止められるかがイギリスの課題となります。パリ グループステージでフランスに次ぎ2位でフィニッシュしたチームイギリスは、1つだけ大きなメンバーチェンジを行っています。メインタンクのChristopher “ChrisTFer” Graham選手の代わりに、Fusions選手を加えたのです。彼はBritish Hurricaneの2人とチームメイトであるため、シナジーが期待できます。アメリカのタンク2人組、Muma選手とSpace選手はトップ8チームの中でもトップクラスのコンビです。これに対抗するのは至難の業ですが、イギリスが番狂わせを起こすには、チームUSAの前衛を突破する方法を見つけるしかないでしょう。

フランス

  • Terence “Soon” Tarlier(Los Angeles Valiant)
  • Benjamin “Unkoe” Chevasson(Dallas Fuel)
  • Dylan “AKM” Bignet(Dallas Fuel)
  • Gael “Poko” Gouzerch(Philadelphia Fusion)
  • Michael “Winz” Bignet
  • Benjamin “Benbest” Dieulafait
  • Nicolas “Nicogdh” Moret

カナダ

  • Lane “Surefour” Roberts(LA Gladiators)
  • Brady “Agilities” Girardi(LA Valiant)
  • Liam “Mangachu” Campbell(コンテンダーズ ノースアメリカ:XL2 Academy)
  • Christopher “Bani” Benell(Houston Outlaws)
  • Félix “XQC” Lengyel
  • William “Crimzo” Hernandez(コンテンダーズ ノースアメリカ:Team Envy)
  • Lucas “Note” Meissner(Boston Uprising)

去年の2位チームのカナダとフランスチームのバトルは、双方実力を証明したいこの2チームにとって、いい試金石となりそうです。カナダは優勝争いに再び参加し、今度は勝つことを、フランスは世界の最強チームと張り合えることを証明しようと狙います。Surefour選手とSoon選手は、オーバーウォッチ リーグ初シーズン試合でそれぞれValiantとGladiatorsのメンバーとして、幾度も激突を重ねていました。彼らのウィドウメイカー対決は、試合の中で行われる一種のデュエルのようでしたが、今回もそれが見られるならば、マッチ全体の流れを作る要素となるかもしれません。形式上はカナダが低シードですが、準々決勝の中では比較的、優劣がはっきりしない組み合わせです。フランスがチームワークとトリプルタンク・トリプルサポート編成の完成度により、勝利を掴むのでしょうか? それともカナダがグループステージの戦い方をさらに強化させ、優勝への夢をつなぐのでしょうか?

中国

  • Shilong “Krystal” Cai(コンテンダーズ チャイナ:T1w Esports Club)
  • Qiulin “Guxue” Xu(コンテンダーズ チャイナ:LGD Gaming)
  • Xianyao “Yveltal” Li(コンテンダーズ チャイナ:LinGan e-Sports)
  • Junjian “Sky” He
  • Tianbin “LateYoung” Ma(コンテンダーズ チャイナ:Team CC)
  • Xing “Leave” Huang
  • Yangjie “Shy” Zheng(コンテンダーズ チャイナ:LGD Gaming)

フィンランド

  • Joona “Fragi” Laine(Philadelphia Fusion)
  • Joonas “Zappis” Alakurtti
  • Jonas “Shaz” Suovaara(Los Angeles Gladiators)
  • Benjamin “BigGoose” Isohanni(Los Angeles Gladiators)
  • Jiri “Linkzr” Masalin(Houston Outlaws)
  • Timo “Taimou” Kettunen(Dallas Fuel)
  • Tuomo “Davin” Leppänen(コンテンダーズ ヨーロッパ:Team Gigantti)

オーバーウォッチ ワールドカップのグループステージ開始時の中国は、優秀なチームメンバーを抱えているにもかかわらず、疑問視されていました。しかし、正確で効率的なチームプレイによって敵を消耗させ、一試合ずつ制していったのです。メインタンクのGuxue選手は、ここまでのトーナメントで脚光を浴びてスターとなったプレイヤーの1人です。中国のDPSロテーションは、他のトップ8チームのいずれとも十分対抗できるでしょう。しかし、フィンランドは低シードのチームの中でも特に強いチームです。仁川グループステージでは韓国を相手に5マップまで粘り続けており、そのメンバーリストは個人技に加えメンタル面も強いベテランプレイヤーが名を連ねます。去年、ビザの問題でチーム中国はベストメンバーをBlizzConに送ることができず、フィンランドもグループステージの通過に失敗しています。挽回を狙うこの2チームの戦いは、高レベルかつ内容的にも面白いバトルが期待できるでしょう。

韓国

  • Pan-Seung “Fate” Koo(Los Angeles Valiant)
  • Jun-Ho “Fury” Kim(London Spitfire)
  • Byung-Sun “Fleta” Kim(Seoul Dynasty)
  • Hae-Seong “Libero” Kim(New York Excelsior)
  • Seong-Hyun “Jjonak” Bang(New York Excelsior)
  • Tae-Sung “Anamo” Jung(New York Excelsior)
  • Jae-Hyeok “Carpe” Lee(Philadelphia Fusion)

オーストラリア

  • Ashley “Trill” Powell(コンテンダーズ パシフィック:Blank Esports)
  • Leyton “Punk” Gilchrist(コンテンダーズ オーストラリア:Dark Sided)
  • Huseyin “Hus” Sahin(コンテンダーズ パシフィック:Blank Esports)
  • Felix “CKM” Murray(コンテンダーズ パシフィック:Blank Esports)
  • Dario “Akraken” Falcao-Rassokha(コンテンダーズ オーストラリア:Sydney Drop Bears)
  • Scott “Custa” Kennedy(Los Angeles Valiant)
  • James “Yuki” Stanton(コンテンダーズ オーストラリア:Dark Sided)

韓国は今年も強力な優勝候補で、オーバーウォッチ ワールドカップ3連覇を狙っていますが、他国との差はかつてほど圧倒的ではありません。また、大きなメンバー変更があり、仁川ステージで勝利した7人のうち4人のみキープしていますが、選手層が厚いため、戦力が落ちることはないでしょう。特に、Libero選手とCarpe選手にFleta選手が加わることによって、韓国は前よりさらにDPSの柔軟性が増すことになるでしょう。オーストラリアは強チームの並み居るバンコクグループステージを突破し、観戦者を喜ばせると共に驚かせましたが、準々決勝では大きな壁に当たることになりそうです。韓国からマップを奪うには、秘策の1つや2つを準備する必要があるでしょう。

タレントチーム

  • Alex “Goldenboy” Mendez
  • Andrew “ZP” Rush
  • Brennon “Bren” Hook
  • Chris Puckett
  • Danny Lim
  • Emily Tang
  • Fiona Nova
  • Frankie Ward
  • Jake Lyon
  • Jonathan “Reinforce” Larsson
  • Josh “Sideshow” Wilkinson
  • Matt “Mr.X” Morello
  • Mica Burton
  • Mitch “Uber” Leslie
  • Soe Gschwind

BlizzConを自宅から視聴する方も、会場で観戦する方も、@owpathtopro@PlayOverwatchで興奮の展開をフォローしましょう!

コメントのロード中…

コメントのロード中にエラーが発生しました。