Hex Mask UI Icons Arrow Down Arrow Left Arrow Right Arrow Up Brackets Calendar Checkmark Chevron Down Chevron Left Chevron Right Chevron Up Clock Close Connect crown External URL Favorite (off) Favorite (on) Help Home Info Live Mobile Menu Mobile Paginate Dot (filled) Paginate Dot (empty) Pin Placeholder Icon Play Video Plus Search Team No-Team-Logo_Fallback_003 Ticket Trophy User Input Video Video Play Icon World X Hero Icons Map Icons

ロードホッグ

ロードホッグ

ロール

タンク

難易度

〈チェイン・フック〉で敵を引き寄せてから〈スクラップ・ガン〉をお見舞いするスタイルを身上とする。多少のダメージではびくともせず、〈テイク・ア・ブリーザー〉で短時間のうちにライフを回復する。まさに難攻不落の要塞。


アビリティ

スクラップ・ガン

スクラップガンで近距離に金属片をまき散らす。遠距離に金属の塊を発射することもでき、塊は着弾後に破裂し破片をばらまく。

テイク・ア・ブリーザー

短時間で体力を大幅に回復する。

チェイン・フック

フックを投げ、命中した敵を近距離に引き寄せる。

ホール・ホッグ

スクラップ・ガンに大量の金属片を詰め込み、連続してスクラップを撃ち出す。命中した敵はノックバックする。

バイオグラフィ

  • 本名:マコ・ラトリッジ, 年齢:48歳
  • 職業:元・用心棒、ボディガード
  • 活動拠点:オーストラリア、ジャンカータウン(旧拠点)
  • 所属:元・ジャンカーズ

「オレが全部ぶっ壊してやる」

無情、残酷、無慈悲な殺し屋。それがロードホッグ。

オムニック・クライシスによって大きな痛手を負ったオーストラリアの政府は、オムニックと長期の平和協定を結ぼうと、オムニウム施設と周辺地域をオムニックに譲渡してしまう。これにより、アウトバックの住民やプレッパー、ソーラー・ファーマーなど、多くの人々が追い出されることになった。その中に、マコ・ラトリッジの姿もあった。

故郷を追われた怒りから、マコたちは暴動を起こす。彼らはオーストラリア解放戦線を組織し、奪われた土地を取り戻すため、オムニウム施設とオムニックたちを襲った。争いが激化する中、解放戦線はオムニウム融合路を爆破。施設は消し飛び、アウトバック一帯は汚染され、金属片や瓦礫が数キロ四方に飛び散った。

故郷が不毛の地と化したことで、マコもまた変わってしまった。

環境に適応するため、ガスマスクを被ったマコは、壊れかけのバイクにまたがった。崩れ落ちたアウトバックの道を走るうちに、マコの人間性は少しづつ失われ、その最後の残滓が消えたとき、マコはもはや存在せず、冷酷な殺し屋ロードホッグだけが残っていた。