Hex Mask UI Icons Arrow Down Arrow Left Arrow Right Arrow Up Brackets Calendar Checkmark Chevron Down Chevron Left Chevron Right Chevron Up Clock Close Connect Copy crown download Ellipsis External URL Favorite (off) Favorite (on) Fullscreen Help Home Info Live Minus Mobile Menu Mobile Overflow Paginate Dot (filled) Paginate Dot (empty) Pin Placeholder Icon Play Video Circle Play Video Plus Search Team No-Team-Logo_Fallback_003 Ticket Trophy User Input Video Video Play Icon World X Game Mode Icons Hero Icons Map Icons Platform Icons Social Icons Mobile Discord Facebook Instagram Reddit Twitch Twitter VK Youtube Weibo WeChat Workshop Icons WorkshopControl WorkshopShare WorkshopInfinite

ゲンジ

  • 手裏剣
  • 木の葉返し
  • 風斬り
  • 龍撃剣

ゲンジ

ロール

ダメージ

難易度

精度と攻撃力に優れた〈手裏剣〉の使い手。先進技術を駆使した刀で敵の飛翔物を跳ね返し、〈風斬り〉で複数の敵を切り刻む。


デフォルトのPCキーの割り当てはゲーム内で変更できます。

武器

手裏剣
メイン攻撃

手裏剣

高精度の{b}手裏剣{b}3連射

サブ攻撃

死蝶扇

3本の{b}手裏剣を{b}扇状に{b}発射{b}する

アビリティ

木の葉返し

木の葉返し

自分に{b}向かって{b}くる{b}飛翔物を{b}照準{b}方向に{b}はね返し、{b}近接{b}攻撃を{b}ブロック{b}する

風斬り

風斬り

前方に{b}斬り込み、{b}ダメージを{b}与える。{b}敵を{b}倒すと{b}クールダウン{b}時間が{b}リセット{b}される

龍撃剣

龍撃剣

超強力な{b}近接{b}攻撃

サイバー体術

サイバー体術

壁登りと{b}二段{b}ジャンプが{b}可能

バイオグラフィ

  • ゲンジ, 年齢:35歳
  • 職業:冒険家
  • 活動拠点:ネパール、シャンバリ寺院
  • 所属:元・シマダ一族、 元・オーバーウォッチ

「身を捨てても、名利は捨てず」

シマダ・ゲンジは一度は拒んだサイボーグの体を受け入れることで、高い人間性に目覚めた。

シマダ一族頭領の末子ゲンジは、忍術に優れ、訓練も嫌いでは無かったが、一族の闇稼業には興味を示すことなく、女遊びにうつつをぬかし、勝手気ままな暮らしを送っていた。そんなゲンジがいずれ害になると考えた一族の者たちは、彼を甘やかす頭領を責めた。そして時が流れ、頭領がこの世を去った。父亡き今こそ、一族の為さらなる貢献を求める兄・ハンゾーに対してゲンジは怒りをあらわにし、やがて血みどろの決闘へ発展、ゲンジは敗れ死の淵をさまよう。

弟を手にかけた…少なくともハンゾーはそう考えていた。しかし、オーバーウォッチとアンジェラ・ジーグラー博士により、ゲンジは一命を取り留める。シマダ一族との戦いを続けていたオーバーウォッチは、ゲンジの中にひとつの可能性を見出していた。彼らは生死の境にあったゲンジに、協力と引き換えに肉体の再生を提案する。提案を受け入れたゲンジはサイボーグ化手術を受け、身体能力にはさらに磨きがかかり、数々の忍術もより強力なものになった。生きる兵器と化したゲンジは、一族の犯罪帝国を壊滅させるため精力的に任務に打ち込んだ。

しかし、時が経つにつれゲンジの心に乱れが生じた。機械の体を嫌悪し、心と体の折り合いがつかなくなっていく。彼はオーバーウォッチを去り、生きる意味を求め世界を放浪する。数年が過ぎたある日、彼はオムニック僧ゼニヤッタと出会う。始めはゼニヤッタの教えを拒んだゲンジだったが、やがてはゼニヤッタを師と仰ぐようになり、彼の教えの下、機械と人間両方の性質を持つ自分を受け入れられるようになっていく。体はサイボーグだが、魂は人として生きている。そう悟った彼は今の自分は天からの賜わり物で、自分だけの強さがあると信じられるようになった。

こうして彼は初めて自由の意味を知った。しかし、この道がどこに続いているのか、それはまだ誰も知らない。