Hex Mask UI Icons Arrow Down Arrow Left Arrow Right Arrow Up Brackets Calendar Checkmark Chevron Down Chevron Left Chevron Right Chevron Up Clock Close Connect Copy crown download Ellipsis External URL Favorite (off) Favorite (on) Fullscreen Help Home Info Live Minus Mobile Menu Mobile Overflow Paginate Dot (filled) Paginate Dot (empty) Pin Placeholder Icon Play Video Circle Play Video Plus Search Team No-Team-Logo_Fallback_003 Ticket Trophy User Input Video Video Play Icon World X Game Mode Icons Hero Icons Map Icons Platform Icons Exclusive on Battle.net Social Icons Mobile Discord Facebook Instagram Reddit Twitch Twitter VK Youtube Weibo WeChat Workshop Icons WorkshopControl WorkshopShare WorkshopInfinite

ブリギッテ

  • ロケット・フレイル
  • リペア・パック
  • ウィップ・ショット
  • バリア・シールド
  • シールド・バッシュ
  • ラリー

ブリギッテ

ロール

サポート

難易度

ブリギッテはアーマーのスペシャリストだ。〈リペア・パック〉による回復のほかにも、フレイルで敵にダメージを与えると付近の味方を自動的に回復する。彼女のフレイルは一度に複数の敵を攻撃できる優秀な近接武器であり、さらに〈ウィップ・ショット〉を使えば遠くの敵にもダメージを与えることができる。また、ピンチのときは〈バリア・シールド〉で身を守りながら、〈シールド・バッシュ〉ですぐさま攻撃に移ることも可能。アルティメット・アビリティの〈ラリー〉を発動すると、少しの間移動速度が向上し、付近の味方にアーマーを付与する。


デフォルトのPCキーの割り当てはゲーム内で変更できます。

武器

ロケット・フレイル

ロケット・フレイル

射程の{b}長い{b}近接{b}武器

アビリティ

リペア・パック

リペア・パック

一定時間、味方1人を回復する

ウィップ・ショット

ウィップ・ショット

前方に{b}フレイルを{b}飛ばして{b}敵を{b}ノック{b}バックする

バリア・シールド

バリア・シールド

サブ攻撃 長押しで{b}自身の{b}前方に{b}エネルギー・{b}バリアを{b}展開する

シールド・バッシュ

シールド・バッシュ

バリア・{b}シールドを{b}展開中に{b}利用{b}可能。{b}前方に{b}ダッシュ{b}した{b}後、{b}敵を{b}ノック{b}バックし、{b}スタン{b}させる

ラリー

ラリー

移動{b}速度が{b}向上し、{b}付近の{b}味方に{b}アーマーを{b}付与{b}する

インスパイア

インスパイア

フレイルで{b}敵を{b}攻撃すると、{b}付近の{b}味方を{b}回復する

バイオグラフィ

  • ブリギッテ, 年齢: 23歳
  • 職業: メカニカルエンジニア、冒険家
  • 活動拠点: 元・スウェーデン、ヨーテボリ
  • 所属: なし

「私だって戦える!」

自分にもできることはある。その思いを胸に、ブリギッテ・リンドホルムは武器を手にした。すべては、人々を守るために。

オーバーウォッチの武器設計者、トールビョーン・リンドホルムの末娘であるブリギッテは、兄弟たちの中でもいち早く機械工学に興味を示した。父親の作業場に入り浸り、様々な技術を幼くして習得していったブリギッテは、父親の才能を受け継いだように思えた。しかし、武器設計の天才として知られるトールビョーンとは相反して、ブリギッテは鎧や防衛システムの設計を得意とした。

ブリギッテの将来については、誰もが父親の跡を継ぐと考えていたが、とある人物との付き合いがブリギッテを変えることになる。その人物は父親の友人、そして同じくオーバーウォッチに所属するラインハルト・ヴィルヘルム――家族ぐるみの付き合いがあり、ブリギッテの名付け親でもあるラインハルトは、幼いブリギッテに数々の武勇伝や英雄譚を聞かせた。やがてラインハルトは現役を引退、さらにオーバーウォッチは解体され、彼は武者修行の旅に出ることを決心する。ブリギッテが従者を志願したことにラインハルトは驚きはしたが、その願いを聞き入れた。

従者としてブリギッテは様々な雑用を任されていたが、その中でもラインハルトのクルセイダー・アーマーを維持することが最も重要な仕事であった(とはいえ、現在のアーマーは父親が設計していたため、馴染みはあった)。しかし、旅が続くにつれ、ブリギッテはアーマーではなく、ラインハルト自身を守ることが必要だと感じるようになる。多くの戦いをみてきたラインハルトの体は万全とは程遠く、それでも彼は全力を出すことを惜しまなかった。

整備士としてだけではなく、戦士としても力を貸す必要があると感じたブリギッテは、ラインハルトから戦闘訓練を受けながら、自分用のスーツを内緒で造り始めた。

従者としてラインハルトを守るため、そして一人の人間としてか弱き者を救うため、ブリギッテは世界中を旅する