Hex Mask UI Icons Arrow Down Arrow Left Arrow Right Arrow Up Brackets Calendar Checkmark Chevron Down Chevron Left Chevron Right Chevron Up Clock Close Connect crown External URL Favorite (off) Favorite (on) Help Home Info Live Mobile Menu Mobile Paginate Dot (filled) Paginate Dot (empty) Pin Placeholder Icon Play Video Plus Search Team No-Team-Logo_Fallback_003 Ticket Trophy User Input Video Video Play Icon World X Hero Icons Map Icons

バスティオン

バスティオン

ロール

ダメージ

難易度

自己修復機能を持つロボット。通常の〈偵察モード〉、固定砲台と化す〈セントリー・モード〉、高い攻撃力を持つ〈タンク・モード〉の使い分けが勝利へのカギだ。


アビリティ

偵察モード

偵察モード中のバスティオンは自由に移動ができ、連射可能な中距離用のサブマシンガンで戦う。

セントリー・モード

セントリーモードでは移動不能になるものの、大量の弾丸を吐き出す強力なガトリングガンに変形する。照準を動かしながら撃つことで近・中距離の敵に壊滅的なダメージを与える。

モード変更

戦況に応じて2つのモードを切り替えて対応可能。

自己修復

自身のライフを回復する。回復中は武器を使用できない。

タンク・モード

タンクに変形する。履帯での移動と、強力な長距離砲での攻撃が可能。発射される榴弾は、爆発で広範囲のターゲットを殲滅する。変形は一定時間で解除される

バイオグラフィ

  • 本名:SST研究所 シージ・オートマトンE54 バスティオン, 年齢:製造から30年
  • 職業:戦闘オートマトン
  • 活動拠点:不明
  • 所属:無し

オムニック・クライシスの前線で戦った経験を持つロボット。その後、好奇心旺盛なバスティオンは自然に惹かれ、世界を探索している。恐ろしい人間たちを警戒しながら―

バスティオン・ロボット・ユニットは、もともとは平和維持のために作られた兵器であり、アサルトキャノンモードへの瞬時変形など独自の能力を備えていた。しかし、オムニック・クライシスが勃発すると人間と戦うために使われ、オムニック軍の大多数を占めるようになった。オムニック・クライシス終結後、ほとんどのバスティオンが解体されたが、今日にいたっても、恐ろしい戦争の象徴と見なされている。

末期の戦いで深刻なダメージを受けた1体のバスティオンが、10年以上にわたって放置されていた。風雨にさらされさび付き、機体は植物に覆われ、根が生え、小動物が巣を作り、ひたすら時だけが流れていった。ある運命の日、それは突然再起動した。戦闘プログラムの大半は失われており、自然界とその住人に対して強い興味を抱いた。好奇心旺盛なこのロボットは、世界探索の旅に出て、戦争で疲弊した地球における自らの目的を探そうとする。

この「バスティオン」は穏やかな性格で全く無害に思えるが、危険を察知すると眠れる戦闘プログラムが目を覚まし、全武装を駆使して脅威を排除しようとする。遭遇した人間たちと争いになることもあったため、バスティオンは人里を避け、未開の自然の中に住み着くようになった。